gaballscreenの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-02-21Mashup! このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

こういうのにサクっと参加できるだけの軽いフットワークとアタマが欲しい。

Mashup Award 2nd

f:id:gaballscreen:20070221153542j:image


Yahoo! Japan Web API コンテスト

f:id:gaballscreen:20070221153631j:image

2007-02-15MAMP このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

MAMP run your server locally

LAMP と言えば、Linux + Apache + MySQL + PHP/Perl/Python。

MAMPMacOS + Apache + MySQL + PHP


ApacheMySQLコントロールするアプリやそのウィジェットまで付いてくるみたいです。(・∀・) カッコイイ!

ローカル環境とは競合しないとのことなので、早速入れてみようと思います。




なんだよ、昨日 MySQLインストールしちゃったじゃないか。。。

2007-02-14MacPorts で Ruby on Rails このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

初?の技術ネタです。

最近読んだ、「日経ソフトウェア 3月号」の付録「基礎からわかる Web プログラミング入門ブック」に乗ってた Rails アプリケーション「taskman」を実際に作りながら、流行Rails を体験してみよう!と思い立って、MacRuby on Rails (RoR) をインストールしてみました。

そのときの覚書です。


今回はせっかく UNIXMac を使っていることだし、MacPorts を使ってみることにしました。他にもソースダウンロードしてきてコンパイルすると言う方法もありますが、管理のしやすさという点でも MacPorts の方がよさそうです。


まずは MacPortsインストール

ダウンロードサイト(http://svn.macosforge.org/repository/macports/downloads/)から 1.3.1 の下にある Mac 用のパッケージダウンロードします。バージョンが一つ古いのですが、インストール後にアップデートをするので無問題


インストールはウイザード形式で進みます。

インストールが完了したら、ターミナルを起動し、環境変数セットします。

$ export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH

$ export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

これらは、シェルの設定ファイル記述しておくとよいでしょう。


次は、MacPorts のアップデートです。

$ sudo port -d selfupdate

$ sudo port -d sync


そして、Ruby 関連のパッケージインストールします。

$ sudo port install readline

$ sudo port install ruby

$ sudo port install rb-rubygems


最後は RubyGems を使って RoRインストール

$ sudo gem install rails --include-dependencies


完了!

2007-02-05Back to basics 2 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

なんだか技術とは外れているように見えますが、昔の資料から第2弾です。

今回はコミュニケーションという観点から、気になったものをピックアップしてみます。

文章表現のポイント その1

I-attitude よりも You-attitude

相手の興味に合わせたメッセージを書きましょうってことですね。

たとえば、次のような文章。


「小職はあなたの意見を加味してこのレポートを書きました。」


これは、I-attitude。これを You-attitude に書き直すと、


「このレポートはあなたの違憲を参考にさせて頂いて書きました。」


要は自分を主体に置いているか、相手を主体に置いているかです。この違いはかなり大きくて、何か物事を伝える際には相手の立場に立って考えないと伝わりにくいものです。

相手に興味を持ってもらうこと、これが一番大事ですね。

その他の例

I attitude

ABCストアでは、この週末に半額セールを行います。」

You attitude

「この週末にはABCストアへいらして、半額でお買い物を楽しみませんか?」


I attitude

「来る1月7日社長が当社の今年の方針を発表いたします。全員出席してください。」

You attitude

「当社の今年の方針が、あなたの活動にどのように影響するかを知りたくありませんか。1月7日社長から説明があります。ふるって参加ください。」


文章表現のポイント その2

  • 平易かつ明確な表現
    • ただし、礼節を守ること
  • しっかりした構成
    • 目次、概要、章、節
  • 要点
    • 箇条書き
    • アンダーライン
    • 太文字

つまり、「Keep it simple!」。


電子メールの留意点

2007-01-31Back to basics 1 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

自宅の押入れの整理をしていたら、昔懐かしい自分が新人の頃に教育でもらった資料が出てきました。

その資料にちょっと興味深い文章があったので掲載します。


ソフトウェアとは?

一番上の一文に納得。「ソフトウェアとは?」より「ソフトウェア開発とは?」に近い気もしますが、実装だけしてても何も生まれないってことで FA

若い人はやたら実装をしたがるけれど、実装ができるだけじゃまだソフトウェアを作っているとは言わず、上にあるように

モノを作っても、それをメンテできないとそれはソフトウェアとは言わないんだよってことですね。


優れたソフトウェアとは

  • Easy to use(使いやすい)
  • Efficient(効率的な)
  • Reliable(信頼できる)
  • Maintainable(維持できる)

この辺はまぁアタリマエ。

ただ、Easy to use は非常に難しい要素ではないかと。


プロフェッショナルとは

  • 仕事に誇りを持っている
  • 責任感を持っている
  • 仕事のためには、何でもする
  • 仕事に必要なことを学習する
  • ニーズを把握する
  • チーム作業が上手である
  • 正直で、忠実である
  • 信頼できる
  • 改善するための努力をする
  • より確実で容易な方法を探す

これは精神論的な部分もあり、一部偏りもあるかもしれませんが、非常に大事なこどだと思います。

まずは、自分がプロフェッショナルだという自覚を持って仕事をしているか。そして、自分はこの定義にどれだけ当てはまっているかを自覚し、それらに対して意識して取り組んでいるか。

「自分はプロフェッショナルですから」って一度は言ってみたい(笑)