gaballscreenの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-01-31Back to basics 1

自宅の押入れの整理をしていたら、昔懐かしい自分が新人の頃に教育でもらった資料が出てきました。

その資料にちょっと興味深い文章があったので掲載します。


ソフトウェアとは?

一番上の一文に納得。「ソフトウェアとは?」より「ソフトウェア開発とは?」に近い気もしますが、実装だけしてても何も生まれないってことで FA

若い人はやたら実装をしたがるけれど、実装ができるだけじゃまだソフトウェアを作っているとは言わず、上にあるように

モノを作っても、それをメンテできないとそれはソフトウェアとは言わないんだよってことですね。


優れたソフトウェアとは

  • Easy to use(使いやすい)
  • Efficient(効率的な)
  • Reliable(信頼できる)
  • Maintainable(維持できる)

この辺はまぁアタリマエ。

ただ、Easy to use は非常に難しい要素ではないかと。


プロフェッショナルとは

  • 仕事に誇りを持っている
  • 責任感を持っている
  • 仕事のためには、何でもする
  • 仕事に必要なことを学習する
  • ニーズを把握する
  • チーム作業が上手である
  • 正直で、忠実である
  • 信頼できる
  • 改善するための努力をする
  • より確実で容易な方法を探す

これは精神論的な部分もあり、一部偏りもあるかもしれませんが、非常に大事なこどだと思います。

まずは、自分がプロフェッショナルだという自覚を持って仕事をしているか。そして、自分はこの定義にどれだけ当てはまっているかを自覚し、それらに対して意識して取り組んでいるか。

「自分はプロフェッショナルですから」って一度は言ってみたい(笑)

ゲスト



トラックバック - http://ydc.g.hatena.ne.jp/gaballscreen/20070131